TaVaTeee(タバティー)紹介サイト
タヴァティー

タヴァティーの使い方を解説!

現在、人気も高くなってきているホワイトニングジェルのTaVaTeee (タヴァティー) 。

TaVaTeee (タヴァティー) の磨き方は通常の歯ブラシと基本は変わりありません。

しかし、細かい部分での違いや回数などが変わります。

そこで今回の記事ではTaVaTeee (タヴァティー) の使い方を細かく解説します。

現在、TaVaTeee (タヴァティー) の使い方に迷っている方は参考にしてください。

ホワイトニングジェルの使い方

TaVaTeee(タヴァティー)の使い方を紹介します。
TaVaTeee(タヴァティー)の使い方はいたって簡単です。
・TaVaTeee(タヴァティー)の歯磨きジェルをつける
・5mm〜10mmで小刻みに軽く15回
・奥歯は斜め45度に入れる
・軽くゆすぐ

やり方をそれぞれ詳しく解説します。

使い方①歯磨きジェルをつける

TaVaTeee(タヴァティー)の歯磨きジェルを歯ブラシにつけます。
この時のポイントは水をつけない事です。

水をつけてしまうと有効成分が落ちてしまい、効果が半減します。
TaVaTeee(タヴァティー)は水をつけないと歯ブラシにつけましょう。

使い方②歯と歯茎の間をマッサージするように磨く

TaVaTeee(タヴァティー)を歯ブラシにつけたら、歯と歯茎の間をマッサージするように磨きます。

TaVaTeee(タヴァティー)の有効成分には歯茎を活性化する成分も含まれています。
そのため、歯だけではなく、歯茎にも軽く当たるように磨きましょう。

使い方③5mm〜10mmで小刻みに軽く15回

歯を磨くときは1本ごとに小刻みに5㎜~10mm程度磨くようにしましょう。
歯をしっかりと磨かないとせっかくのホワイトニング効果があらわれにくくなります。

全体的に磨くのでなく、同じ位置で小刻み15回程度磨き、終わったら次の歯を磨くようなイメージです。

TaVaTeee(タヴァティー)で磨くときは小刻みに15回ほど磨くことを目安としましょう。

使い方④奥歯は斜め45度に入れる

奥歯を磨くときは斜め4。5度に入れることを意識しましょう。
斜め4。5度に入れたら角度を変えて奥歯を磨きます。
歯を磨く上で奥歯を磨くのは難しいです。
また、奥歯は磨き残しが多い箇所でもあります。

奥歯は表には見えませんができるなら全体的にホワイトニングをした方が綺麗です。

また、奥歯は笑った時に意外に見えてくるものです。

しっかりと磨くことをお勧めします。

使い方⑤軽くゆすぐ

TaVaTeee (タヴァティー) の歯磨きが終わったら軽く言い過ぎます。

差し歯や入れ歯にも使える

TaVaTeee (タヴァティー) のホワイトニングジェルは研磨剤を使ってないため、差し歯に入れ歯にも使用できます。

もし、差し歯や入れ歯があって迷っている方は感染して大丈夫です。