TaVaTeee(タバティー)紹介サイト
タヴァティー

タヴァティーの有効成分を詳しく解説!白くなる成分と仕組みを紹介!

TaVaTeee(タヴァティー)には3つの有効成分が入っています。
3つの有効成分が歯を白くする、白い歯を長く保つ効果を発揮します。

実際に気になるのが、TaVaTeee(タヴァティー)の有効成分の内容ではないでしょうか。
歯への影響も気になるところです。

そこで今回の記事ではTaVaTeee(タヴァティー)に入っている3つの有効成分がどんな効果があるのか、口内への影響があるのかを解説します。

TaVaTeee (タヴァティー) の有効成分成分

TaVaTeee(タヴァティー)の有効成分について解説します。
TaVaTeee(タヴァティー)に入っている有効成分は以下
・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
・DL-リンゴ酸

この3つの有効成分がTaVaTeee(タヴァティー)のホワイトニングの効果を高めてくれる要因です。
それぞれ詳しく解説します。

ポリリン酸ナトリウムとは

ポリリン酸ナトリウムはリン酸の化合物です。
ポリとは集合体のことを表します。
リン酸は体のDNAを構成する物質。
そのため、もともとは体に存在する成分です。

体のミネラルではカルシウムに次に多い成分です。
骨格を作る重要な成分でもあります。

そのポリリン酸ナトリウムは変色を抑えることで使用されることも多いです。
そのため、歯の変色を抑えるために使用されているですね。

ポリリン酸ナトリウムが歯の変色を抑えるのは過酸化水素の効果によるものです。
ちなみにポリリン酸ナトリウムの成分が有効なのは歯の表面のみ。
ポリリン酸ナトリウムの主な特徴は以下です。
・ステインがつきにくくなる
・変色防止でホワイトニング効果はない
・歯の質の強化につながる

ポリリン酸ナトリウムの特徴として、口の中の抗菌作用があります。
抗菌作用があるため、歯周病や虫歯になりにくい効果も期待できます。

以上がポリリン酸ナトリウムの主な効果です。

メタリン酸ナトリウムとは

メタリン酸ナトリウムとは食品添加物の1つです。
用途は品質改良剤です。
品質改良剤のメリットはイオン封鎖、分散、イオン強度が増す、洗浄作用などの効果が期待できます。
メタリン酸ナトリウムにある、緩衝材の効果で歯磨き粉やガムなどにも使用がされています。
緩衝材の効果は歯に汚れ物質がつきにくくなります。

ホワイトニングジェルとしての効果は汚れをつきにくくするためですね。
直接歯を白くする効果よりも持続させることを目的です。

メタリン酸ナトリウムが入っているため、TaVaTeee(タヴァティー)は効果が長続きします。

DL-リンゴ酸とは

DL-リンゴ酸とは自然界で果物などを中心に存在している成分です。
PH(水の性質を示す単位の一つ)の緩衝能力でPHで色が変わるのを防ぐことができます。
緩衝能力が高いほど、変色がしにくいです。

そのため、DL-リンゴ酸が入っていることで歯の変色を抑えることが可能。
TaVaTeee(タヴァティー)は歯を白くすること、歯の汚れをつきにくくする、
そして、DL-リンゴ酸の力で変色を抑えることで、ホワイトニング効果を高めています。

TaVaTeee(タヴァティー)の3つの成分が歯を白くする

TaVaTeee(タヴァティー)の主な有効成分について解説しました。
TaVaTeee(タヴァティー)は単純に歯を白くすだけではなく、歯の汚れをつきにくくする、歯の変色を抑えるで長く効果を持続するようにしています。

そのため、一度効果がではじめて、継続して使用すれば長く白い歯を保つことができます。

歯を白くだけのホワイトニングジェルはありますが、長く効果を持続させることができるのがTaVaTeee(タヴァティー)の特徴です。
白い歯を長く保ちたいのであれば、TaVaTeee(タヴァティー)はおすすめです。