TaVaTeee(タバティー)紹介サイト
ホワイトニングの知識

ホワイトニングの歯磨き粉はコーヒーの黄ばみに効くの?

コーヒーを飲んでいると気になるのが歯の黄ばみ。
ホワイトニングなどでコーヒーの黄ばみは消えるのか気になるのではないでしょうか。

コーヒーによる汚れはホワイトニングで落とすことは可能。
歯の表面にステインが付着しているのが原因のため、落としてあげることで黄ばみをとることができます。

そこで今回の記事ではコーヒーによる黄ばみを落とせる理由と原因を紹介します。
合わせて、おすすめのホワイトニングの歯磨き粉も解説。

コーヒーによる歯の黄ばみを気にせずに飲むことができるでしょう。
2分程度で読むことができるので、ホワイトニングが気になる方は参考にしてください。

コーヒーの黄ばみにホワイトニングは効果あり

コーヒーの黄ばみにホワイトニングは効果があります。
コーヒーで歯が黄ばむ原因はステインです。

このステインはコーヒーや紅茶、赤ワインなどに入っており、歯の表面に付着して汚れになる事が主な原因です。

そのため、この付着したステインを落とすことでコーヒーによる汚れを落とすことができます。

コーヒーによる黄ばむを落とすホワイトニングは歯医者か市販の歯磨き粉でやるかのどちらかです。

コーヒーによる汚れなら、最初は手軽にできる市販のホワイトニングがおすすめです。

コーヒーの黄ばみにおすすめのホワイトニング

コーヒーの黄ばみにおすすめのホワイトニングを紹介します。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング
薬用ちゅらトゥースホワイトニングは家でもできる簡単にできる薬用ホワイトニングです。
ポリアスアラギンを配合しており、汚れを浮かせて取ります。

歯を削る研磨剤なども使用していません。
また、発泡剤も使用していないため、柔らかい感触で人気です。
毎日の歯磨きの後に使用するだけで難しいこともないため、手軽なところも人気の理由です。

パールホワイトPROEXプラス
パールホワイトPROEXプラスはDL-リンゴ酸やメタリン酸やポリリン酸などのホワイトニングに効果的な成分を配合しています。
プラスして、歯周病などを抑える、薬用成分イソプロピルメチルフェールなども入っているため、口臭、虫歯、歯周病などのホワイトニング以外の部分でも効用があるのが特徴です。

TaVaTeee (タヴァティー)
TaVaTeee (タヴァティー) は歯の汚れを浮かせて落とすタイプのホワイトニングです。
研磨剤を入れずに歯を削ることもないため、健康的に歯を白くすることができます。

TaVaTeee (タヴァティー) に入っている有効成分は以下
メタリン酸ナトリウム
ポリリン酸ナトリウム
DL-リンゴ酸
これらの有効成分が歯についている汚れを浮かしながらとることができます。

汚れを取る洗浄力は強力で、卵についたコーヒーなどの汚れも一瞬で落としてしまうほどです。

毎日の歯磨きにぷらして仕上げ磨きにTaVaTeee (タヴァティー) を使うだけなので使い方としても手軽に行うことができます。

歯にコーヒーが付く原因

歯にコーヒーがつく原因を紹介します。

歯にコーヒーがつく原因
ステインが原因
着色しやすい飲み物

それぞれ詳しく解説します。

ステインが原因

歯に汚れがつく原因として、ステインが挙げられます。
ステインは外からつく汚れで飲食品などに入っている、色素やタバコのヤニ(ニコチン、タール)が歯の表面についたものが多いです。

定期的にコーヒーを飲む方やタバコを吸う方はステインが付着して、なかなか取れにくい状態です。

しかし、ホワイトニングなどで一度しっかりと落として、その後継続して、ホワイトニングをすれば、問題なく落ちるよごれです。

表面についているだけなので、人為的に落とすことができます。
歯自体に色がついて締まっていると歯医者などで治療が必要です。

しかし、ステインなどの汚れであれば、市販のホワイトニングでも淳文落とすことができます。

着色しやすい飲み物

ステインなどつきやすい飲み物を紹介します。
ステインなどが付きやすい飲み物
・コーヒー
・紅茶
・ココア
・赤ワイン

これらの飲み物は普段の日常でも口にすることが多い飲み物です。
飲まないほうが汚れは付きにくいことは確かです。

しかし、しっかりと日頃からホワイトニングなどをしていれば、汚れが付着することを予防できますし、落とすこともできます。

自分の好きな飲み物などを我慢するのはストレスもたまりますし、無理に我慢しないほうがいいでしょう。

それよりもホワイトニングなどのアフターケアなどで汚れを落とす、またはつかないようにするほうが大事です。

ホワイトニングの歯磨き粉コーヒーまとめ

コーヒーによる汚れはホワイトニングで落とすことができます。
歯自体の象牙質の黄ばみであれば、歯医者などで歯そのものの汚れを落とさないといけません。

しかし、コーヒーによる汚れは歯の表面に付着した汚れを落とすことなので、市販のホワイトニングでも十分効果があります。

コーヒーによる汚れはだんだんとたまっていきますので、できれば、定期的に継続して、ホワイトニングすることをおすすめします。

そうすることで歯の黄ばみを気にせずに好きなコーヒーなどを飲むことができるでしょう。